ザ・ドローイングルーム
 フレミングス・メイフェア

admin 11月 17日, 2015 0

Afternoon Tea Flemings Mayfair in The Drawing Room Logo

フレミングス・メイフェア・ホテルのザ・ドローイングルームは内装を一新し、
18世紀の開業当時の優雅さと気品を再現致しました。

ジョージ王朝の歴史を反映した3メートルの高い天井やサッシ窓、
大理石でできたオリジナルの暖炉はドローイングルームの焦点とも言え、
ナチュラル感溢れるソフトな色調で統一されたカラースキームとも
見事なハーモニーを見せています。

The Drawing Room Flemings Mayfair

縁にアンティークの真鍮をあしらったマッカーサーエボニー(縞黒檀)のテーブル、
ティールカラーが美しいソファーや椅子、格(ごう)天井など、
クラシックな中にも現代的なデザインを取り入れて内装や調度品を誂えました。

有名なデ・グルネーによる初期のインドを描いた雅やかな手描きの壁パネルや、
将来が期待される直感的な画家アイリーン・シャーによる『生命の樹』もまた、
受け継がれた伝統とよく調和しています。
暖炉の両側にございます書架には、
お気軽にお手にとってじっくりとご覧いただくために、
アソーリンの魅力的なアートブックを揃えてございます。

The Drawing Room Flemings Mayfair

スタイリッシュなインド風のティールームでは、終日ご軽食やお飲み物を、
バーではワインやシャンパンをお楽しみいただけます。
また、ザ・ドローイングルームでは伝統的なハイティー、
ジャカール・シャンパン・アフタヌーンティー、
チョコレート・アフタヌーンティー、ルイナール・アフタヌーンティーなど、
格調高いアフタヌーンティーをご用意いたしております。

The Drawing Room Traditional Afternoon Tea

すべてのアフタヌーンティーには、作りたてのサンドイッチ、
ジャムとクロテッドクリームを添えたふんわりと軽い味わいのスコーン、
デリケートなカップケーキ、手作りのプティフールが含まれます。
東インド会社との提携により、
伝統的な紅茶からエキゾチックなお茶まで各種ご用意いたしました。
オリジナルのフレミングス・ブレンドをはじめ
13種の中からお好きなお茶をお選びいただけます。

Chocolate Indulgence Afternoon Tea

アフタヌーンティーは12:30pmから5:00pmまでご利用いただけます。

お越しいただく24時間前までに予めご予約いただけますようお願い申し上げます。 

ザ・ドローイングルームの
伝統的なアフタヌーンティー

£34.50/お一人様

東インド会社の最高品質のお茶各種よりお好みのお茶

作りたてのサンドイッチ

ホームメイドのスコーン、プレーンとレーズン
クロテッドクリームとストロベリージャム添え

シェフのプティフール盛り合わせ

ジャカール・シャンパン
アフタヌーンティー

 £43.50/お一人様

東インド会社の最高品質のお茶各種よりお好みのお茶
ジャカール・ブリュット・モザイク 1グラス

作りたてのサンドイッチ

ホームメイドのスコーン、プレーンとレーズン
クロテッドクリームとストロベリージャム添え

シェフのプティフール盛り合わせ

チョコレート
アフタヌーンティー  


£45.00/お一人様 

東インド会社の最高品質のお茶各種よりお好みのお茶
ジャカール・ロゼ・モザイク 1グラス

作りたてのサンドイッチ

ホームメイドのチョコレート・スコーン
クロテッドクリームとストロベリージャム添え

シェフのチョコレート・プティフール盛り合わせ

 

ルイナール・ロゼ
ロイヤル・アフタヌーンティー

 £96.00/お二人様

東インド会社の最高品質のお茶各種よりお好みのお茶
ルイナール・ロゼ・シャンパン ハーフボトル

作りたてのサンドイッチ

ホームメイドのスコーン、プレーンとレーズン
クロテッドクリームとストロベリージャム添え

シェフのプティフール盛り合わせ

———–

当ホテルのアフタヌーンティーでは、
ロンドンの老舗東インド会社の13種類のルーズティーから
お好みのお茶を選びいただきます。

East India Tea Company Logo

スペシャリティ
シングルエステート紅茶

ダージリン・ファーストフラッシュ

ヒマラヤの麓で採れた春摘みのマスカテルなお茶です。
明るくフローラル、繊細で新鮮な緑の香りが特徴です。
特にこのファーストフラッシュは
当地域で栽培されているお茶の中でも最高品質とされ、
専門家にも愛好されるお茶です。


オリジナル
紅茶ブレンド

フレミングス・ブレックファスト・ブレンド

最高のブレックファストティーとは、香り、色、コクのバランスで決まります。
フレミングス・メイフェアのためにブレンドされたこのお茶は、
セイロンの霧が立ち込める丘、アッサムの緑豊かな農園、
そしてケニアの高地から厳選されたお茶をよく吟味して作られました。
強く深みのある味わいを持ち、一日のスタートに最適な一杯です。
ミルクを加えてお召し上がりください。   

 フレーバード・ティー

スタントン・アールグレイ

1700年代に東インド会社のジョージ・スタントンが
中国赴任中に初めて紹介したレシピに従って作られました。
高級なネロリとベルガモットオイルをブレンドした、
他とは異なる独特なアールグレイです。非常に薫り高く、軽くて甘みがあり、
フローラルで繊細な味わいが特徴です。一日中いつでもお楽しみいただけます。
ミルク抜き、または少量のミルクを加えてお召し上がりください。

ラプサンスーチョン

深い香りと味わいが特徴で、スモーキーなお茶として有名です。
中国の福建省からのこのお茶は、松の木を燃やした煙で乾燥させることで
紅茶に甘く豊かでスモーキーな風味を与えます。

ボンベイチャイ

高級茶葉に自然のシナモン、クローブ、コショウ、カルダモンを加えた
身体が温まるブレンドティーです。チャールズ2世が東インド会社に
ボンベイ諸島を貸与し、世界で最も多文化都市の一つを築き上げました。
家庭のレシピに基づいたこのチャイは活気に満ちたお茶です。
ミルクとお砂糖を加えてお召し上がりください。

グリーンティー

 ペアリングノートグリーンティーには、クレンジング効果とリフレッシング効果があり、
お茶だけでも、あるいはリッチな食事と共にいただくのにも適しています。

ドラゴンウェル(龍井)

中国の龍井村で生産されるこのお茶は、
幅広く平らな茶葉が特徴で、中華鍋を使って丁寧に乾燥されます。
すっきりとした甘さとデリケートな味わいは、
中国でも最高のお茶とされる逸品です。

フレーバード・グリーンティー
ジャスミンパール

手摘みされた緑茶葉にジャスミンの花で香り付けをし、それを小さな銀色の
真珠のように手で一つひとつ丁寧に丸めました。お湯を注がれた真珠は
ゆっくりと開き、繊細で心を落ち着かせるジャスミンの芳香を放ちます。
中国では、血色を良くし、消化を助け、
老化を遅らせる効果があると言われています。

ウーロン茶

ペアリングノート複雑な味わいが、デザートや軽めのケーキに良くあいます。
ブラックウーロン茶は軽く香辛料を効かせたお料理やケーキの味を引き立てます。
ミルク・砂糖抜きでお召し上がりください。

リーシャン・ウーロン

台湾で最も有名な高地栽培のウーロン茶です。
バターにも似たクリーミーなほどのまろやかさがあり、
すっきりとしていて一日中いつでもお楽しみいただけます。

ホワイトティー

ペアリングノート柑橘系の食品、フルーツ、デザート、サラダとの相性が抜群です。
ミルク・砂糖抜きでお召し上がりください。

ネパールスプリング・ホワイト

太陽光が最高の状態に達し、ネパールのヒマラヤ山麓の茶園が
シルバーがかった緑に輝く春、ホワイトピオニーの葉が丁寧に摘まれます。
芳醇で甘い新鮮な緑の香りが特徴です。

カフェインフリー ハーブティー

ナイル・カモミール


起源がファラオの時代に遡るエジプト産のカモミールです。コロシアムで
生育しているところを発見されたことから、しばしばローマンカモミールと呼ばれます。
カモミールは、その薬効のために利用されてきました。

バラのつぼみ

軽い味わいとバラの甘い香りが特徴のデリケートなお茶で、
完全カフェインフリーです。

イングリッシュ・ペパーミント

イングランド南東部のケントで栽培されたブラック・ミッチャム種の葉のみで
作られたペパーミントです。ペパーミントの葉は、消化を助け、
心を落ち着かせる効果があることで古くから高く評価されてきました。

フレッシュ・ミント


フレッシュミントの葉で作られた温かいお茶です。
香り高く、甘みとさわやかな味わいが特徴で、
健康維持に欠かせないビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

———–

アフタヌーンティーは12:30pmから5:00pmまでご利用いただけます。

Afternoon Tea at Flemings Mayfair

Address: Flemings Mayfair, Half Moon Street, Mayfair, London W1J 7BH

Tel: + 44 (0) 20 7499 0000

Web:  http://www.flemings-mayfair.co.uk

Nearest Tube : Green Park

Click Here for Flemings Mayfair Afternoon Tea Menu in English

Comments are closed.